Yuiコール(ゆいコール)ってどう?
口コミは悪くない?価格は?

Yuiコールは、介護施設で人気のコールシステムです。

コールシステムとは、利用者さんが何か困ったときにスタッフさんに知らせるためのボタンや機器のことですが、こういったコールシステムがあれば利用者さんは安心して生活ができますし、スタッフさんも効率的に対応できます。

介護施設の運営をしていると、入居者やその家族から「緊急時の対応をどうしているのですか?」と聞かれることがあるでしょう。

緊急時の対応は、介護施設の安全や信頼性に大きく関わります。そのため、万が一の際にも迅速かつ適切な対応ができるよう、「Yuiコール」を導入している介護施設があります。

コールシステムにはケアコムジーコムなど色んなメーカーが参入しているので、どれを選んだらよいのか迷いますね。

その中で、Yuiコールはどんな特徴があるのか、口コミはどうなのか、価格はどのくらいなのか、実際に現場で働かれている方々が気になるポイントについて、お話しします。

それでは、早速見ていきましょう。

Yuiコールとは

Yuiコールとは、株式会社平和テクノシステムが提供するICTを活用したナースコールシステムです。

Yuiコールには、首から下げるペンダント型のボタンや部屋に設置する壁掛け型のボタンがあり、利用者さんがそれを押すことでスタッフさんに呼び出しを送ることができます。

呼び出しを受けたスタッフさんは、自分の持っている無線機やスマートフォンで、「誰から・どこで・何の呼び出しが来たのか」をすぐさま確認できます。

また、呼び出しを受けた後には、無線機やスマートフォンから返信・確認も可能です。

Yuiコールの特徴は、以下のような点です。

  • 多くの機器と連携でき、拡張性が高い。施設に合わせて組み合わせが自由。
  • 設備代や工事代などを組み合わせることで、各種コストを抑えられる。
  • 見守り管理や介護記録管理などとも連携できる。

Yuiコールの口コミは?

では、実際にYuiコールを利用している人たちの口コミはどうなのでしょうか?口コミは非常に重要で、サービスの信頼性や効果を知る手助けになります。

  • 利用者さんが首から下げるペンダント型のボタンは、軽くて小さくて邪魔になりません。お風呂でも使えるので安心です。
  • 壁掛け型のボタンは、音声通話ができるので、利用者さんとスタッフさんが直接話せます。利用者さんの要望や状況をより正確に伝えられます。
  • 無線機やスマートフォンは、呼び出しを受けたらすぐに返信できるので便利です。利用者さんに「今から行きます」「どうしましたか」などすぐに声をかけられるので安心させてあげられます。
  • 呼び出しの履歴や統計を見ることができます。どの利用者さんがどんな呼び出しをしたか、どのスタッフさんがどれくらい対応したかなどが分かるため、サービスの改善や評価に役立ちます。
  • Yuiコールは、他の介護用機器と連携することができます。体重計や血圧計と連携しているので、測定したデータを自動的に記録でき、紙に書く手間が省けます。

以上のように、Yuiコールには、利用者さんもスタッフさんも満足しているようです。私どもの周りでも実際に利用しておられる施設をときどき見かけます。

弊社がお付き合いのある施設のスタッフからは、Yuiコールは使いやすく、スタッフ同士のコミュニケーションがスムーズになったと聞いたこともあります。

ただし、一部の施設からは、価格が高いという声も聞かれます。

そこで次に、価格について詳しく見てみましょう。

Yuiコールの価格は?

Yuiコールの価格については、施設によって異なります。

基本的なシステムの導入費用や月額利用料がかかりますが、その価格に見合う価値があるかどうかは、施設ごとに異なる要因に依存します。

具体的には、ナースコール、電話設備、PHSの「シンプルプラン」から、そこに防犯カメラの連携や入退室の管理機能を加えた「セキュリティプラン」、さらにスマートフォン、介護記録ソフト、各種見守りセンサーとの連携ができる「見守りプラン」まで、組み合わせ方法は自由です。

このようなシステムの導入は高価だというイメージがありますが、Yuiコールは、予算や施設の規模に応じた組み合わせができるため、うまくプランを立てられれば負担感を低くすることができる可能性があります。

パッケージ商品ではないので明確な価格設定はなく、予算と希望に合わせて設定されるようです。価格の詳細を知りたい場合、Yuiコールの公式ウェブサイトを訪れて情報を収集することができます。

Yuiコールより、いい選択肢はない?

もし、Yuiコールに対して疑問や他の選択肢を検討している場合、「HitomeQケアサポート」も、有力な候補に挙がります。

HitomeQケアサポートとそのメリット

HitomeQケアサポートは、Yuiコールと同様に介護施設向けのシステムです。カスタマイズ性が高く、施設のニーズに合わせて調整できることが特徴です。

HitomeQケアサポートもYuiコールと同じようにボタンを押すことで呼び出しを送ることができるため、いつでもスタッフさんにアクションができます。

呼び出しを受けたスタッフさんは、自分の持っているスマートフォンで内容を確認でき、その場で確認して返信することもできます。

HitomeQケアサポートは、介護施設で多くの方に使われていますので、実際に使っている方の口コミを見てみましょう。

  • スマートフォンは居室内の画像や動画も送受信できるので、利用者さんの状態や環境をより詳しく確認できます。
  • スマートフォンからの呼び出しの履歴や統計を見ることができるため、サービスの改善や評価に役立ちます。
  • HitomeQケアサポートは、他の介護用機器と連携することができます。また、取得したデータを分析して、利用者さんの健康状態やリスクを予測してくれるため早期発見や予防に役立ちます。

HitomeQケアサポートとYuiコールの比較

HitomeQケアサポートとケアコム ナースコールのどちらが良いのでしょうか?

YuiコールとHitomeQケアサポートを比較検討することで、どちらが施設にとって適しているかを判断できます。機能、価格、サポート体制など、重要な要素を比べてみることが大切です。

実際に問い合わせてみて、比較するのが良いでしょう。

HitomeQケアサポートのカタログダウンロード

HitomeQケアサポートに興味がある場合、公式ウェブサイトからカタログをダウンロードして詳細な情報を入手できます。これにより、施設長として最良の決断をするための情報収集ができます。

まとめ

ナースコールシステムの選択は、施設運営の効率性や入居者の安全性に大きな影響を及ぼします。

Yuiコールは使いやすいという口コミがありますが、価格や他の選択肢も考慮することが重要です。

介護施設の運営に携わる方は、ぜひこれらのサービスを比較検討してみて、最適な通信システムを見つける手助けにしてください。

HitomeQ ケアサポートのくわしい資料はこちら

HitomeQ(ひとめく)