LASHIC-care(ラシク)ってどう?
インフィックの介護施設用見守りセンサーの口コミや価格は?

「LASHIC-care(ラシク)」についてお話ししたいと思います。

特養や介護付き有料老人ホームのスタッフは、利用者が安心して暮らせるように、いろいろな工夫をされています。

しかし、どうしても体調が悪くなったり、転んだりしてしまう場合があります。そんなときに重要なのは、すぐに気づいてサポートすることです。

この分野はコニカミノルタのHitomeQ ケアサポートパナソニックのライフレンズなど、いろいろな選択肢が出てきていますが、今回は介護施設用の見守りセンサー「LASHIC-care(ラシク)」について一緒に見ていきましょう。

LASHIC-care(ラシク)とは

「LASHIC-care(ラシク)」は、株式会社インフィック・コミュニケーションが作った見守りセンサーです。

このセンサーは、お年寄りの方々の部屋に設置すると、動きや温度や湿度、脈拍などを測定・分析して、スマホやパソコンに通知してくれます。

例えば、利用者が部屋から出て行ったり、転倒してしまったりしたら、すぐに知らせてくれます。

また、AIを利用してこれからの行動を予測することも可能です。この機能は世界初とされています。

「LASHIC-care(ラシク)」は見守りセンサーであると同時に優れたナースコールでもあります。

カメラやマイクを使って居室からスタッフへ、スタッフから居室へ連絡できます。

加えて「LASHIC-care(ラシク)」には、利用者が操作せずとも通話を始められるという特徴もあります。

つまり何かトラブルがあった際にスタッフが連絡すると、利用者は体を動かさずに会話を始められます。

これなら何かあった時にも安心です。

この点が、Yuiコールなどよりも機能が進んでいるところといえるでしょう。

そしてもう一つふれておきたいのが、「LASHIC-care(ラシク)」はカメラを使わずにセンサーのみで見守りができる点です。

そのため利用者は見られていると意識せずにすみます。

見守りセンサーLASHIC-care(ラシク)の口コミは?

「LASHIC-care(ラシク)」は実際に使ってみるとどうなのでしょうか?「LASHIC-care(ラシク)」を使っている介護施設の施設長さんや介護士さんの口コミを調べてみました。

  • 「LASHIC-care(ラシク)は、お年寄りの方々の安全を確保するために、とても役立っています。部屋から出たり入ったりするときに通知が来るので、迷子になってしまう可能性が軽減されました。また、部屋の温度や湿度を測定してくれるので、快適な環境を作る手助けにもなっています。」
  • 「LASHIC-care(ラシク)は、介護記録や生活リズム分析などもできるので、お年寄りの方々の健康状態や生活習慣を把握できます。例えば、睡眠時間や起床時間などを見ることができるので、睡眠不足や不規則な生活などに気づくことができます。また、これらの機能のおかげで、介護報酬計算や介護計画書作成の作成もはかどっています。」
  • 「LASHIC-care(ラシク)」のおかげで、利用者は見守られているという安心感と、自分の部屋は自分の空間という自由感を同時に味わえているみたいです。ストレスのない生活を送っていただけるのはうれしいですね。」

LASHIC-care(ラシク)の価格は?

「LASHIC-care(ラシク)」は、見守りセンサー本体と専用アプリがセットになっています。

導入費用や月額費用については、インフィック・コミュニケーションズのホームページから問い合わせをし、見積もりを出してもらう必要があります。

LASHIC-care(ラシク)より、いい選択肢はない?

「LASHIC-care(ラシク)」は、介護施設用に特化した見守りセンサーですが、他にも同じようなサービスがあります。

例えば、「HitomeQ ケアサポート」というサービスです。「HitomeQ ケアサポート」は、コニカミノルタQOLソリューションズが作ったサービス。

「HitomeQ ケアサポート」は、「LASHIC-care(ラシク)」と異なり、360°カメラで居室全体を見守ることが可能です。

また行動分析センサーにより、不測の事態が起こった際に通知してくれる機能も備えています。

HitomeQ ケアサポートとそのベネフィット

「HitomeQ ケアサポート」なら、ライブ映像で利用者を見守れます。実際に居室に足を運ばずにすむので、業務の効率化が図れます。

さらに起床・離床の動作を見て、日常動作の変化を確認するのにも役立ちます。これらの機能を使えば、業務がかなりはかどります。

また、「HitomeQ ケアサポート」には、録画機能もあります。

この録画機能というのは、利用者が転倒・転落した際に自動で録画を開始してくれるという内容です。

これならどんな状況で転倒・転落してしまったのか確認できますし、あとからご家族に報告したり書類を作成したりするのにも役立つでしょう。

ちなみに、「HitomeQ ケアサポート」はカメラを使っているものの、プライバシーにもしっかり配慮しています。

スタッフがライブ映像を見られるのは利用者に動きがあった時のみですし、動画をぼかす処理もできるんです。

あまり見られている感覚が強いと利用者がストレスに感じてしまうケースもあるので、こちらもうれしい機能です。

HitomeQ ケアサポートとLASHIC-care(ラシク)の比較

「HitomeQ ケアサポート」と「LASHIC-care(ラシク)」は、どちらも優れた見守りセンサーですが、それぞれに特徴があります。

「HitomeQ ケアサポート」はスマートフォンからライブ映像を見られるうえ、録画機能やプライバシーに配慮した機能なども備えています。

一方、「LASHIC-care(ラシク)」は、AIによる行動予測機能や、室内環境を測定する機能などを備えています。

「HitomeQ ケアサポート」と「LASHIC-care(ラシク)のどちらがいいかは、ニーズや目的によって異なります。

例えば、以下のような場合は、「HitomeQ ケアサポート」がおすすめです。

  • - 利用者の顔や声を見たり聞いたりして見守りたい
  • - トラブルがあった際に録画を活用したい

一方で、以下のような場合は、「LASHIC-care(ラシク)」がおすすめです。

  • 利用者のプライバシーを重視したい
  • 居室の環境を把握、データ化したい

HitomeQケアサポートのカタログダウンロード

コニカミノルタQOLソリューションズの公式ホームページから詳細な情報や購入方法を確認することができます。

「HitomeQ ケアサポート」や「LASHIC-care(ラシク)」に興味を持った方は、チェックしてみてください。

まとめ

「LASHIC-care(ラシク)」と「HitomeQ ケアサポート」について解説しました。

LASHIC-care(ラシク)は、介護施設の施設長さんにとって重要なツールです。

価格や口コミを確認し、他の選択肢と比較してみることが大切です。

HitomeQ ケアサポートも良い選択肢の一つですので、施設のニーズに合わせて最適なツールを選びましょう。

どちらを選んでも、介護施設の運営をサポートするツールは、入居者の健康とスタッフの効率を向上させるのに役立ちます。

目的や利用環境などに合わせ、最適な見守りサービスを選んでみてくださいね。

HitomeQ ケアサポートのくわしい資料はこちら

HitomeQ(ひとめく)